1. >
  2. >
  3. >
  4. >

検索結果のパンくずにサイト名を表示させる


パンくずリストのリッチスニペット化については以前触れた通りである。そのサイトマップの先頭は通常ドメイン名が入るのであるが(下図参照)

0503_01

構造化データマークアップを行うと、当該箇所に下図の様に、ドメイン名でなく、サイト名を挿入することが出来る。

domain_replacement

画像引用元:Google公式リファレンス

この対応方法を弊社のサイトでやってみることにし、その手順を説明致します。

サイト名を設定する際の注意事項

  • ドメイン名と似ていること(設定するサイト名にきちんとした理由があること)
  • 自然な表記であること(例えばGoogleとGoogle,Incだったら、Googleの方がユーザーにわかりやすいのでそちらを設定することが望ましい)
  • 他のサイトと重複しない様にユニークなもの
  • 誤解を招くような表記をしないこと

などの注意書きがなされています。日本語の場合、ドメイン名と「設定するサイト名」が全く違う表記になり得ますが、正当な理由があるので、どうなるか試してみようと思います。

構造化マークアップの際に必要なこと

  • schema.orgの記法で、JSON-LD、RDFa、又はmicrodata形式で記述すること
  • 例えばアメブロなどのブログサービスで実行せずに、自身の所有サイトで実行すること
  • マークアップしたページをnoindexなどのRobots Exclusion Protocolを使って除外しないこと
  • schema.orgのWebSiteの記法で記述しますが、urlとnameのプロパティは必ず持つこと(alternateNameは任意で設定)

記述方法

Google公式には、JSON-LDとmicrodataの記述がありますが、このケースではJSON-LDの方が簡単に設定できます。弊社のapollo11.co.jpであれば、以下の様なコードを作成します。

こちらのコードをトップページのフッターに挿入すればOKです(WordPressであればfooter.phpのbody前に設置。トップページのみでOK)

microdataでも構いませんが、サイトにコードを挿入する際の簡単さでJSON-LD形式をオススメ致します。

構造化マークアップのテスト

上記のコードの挿入が上手く反映出来ているかどうかを判定してくれるGoogleのツールがあります。Structured Data Testing Toolというツールでその名の通り、構造化データが上手くいっているかどうかの判定を行ってくれます。

下図の様に、チェックしたいページのurlを入力して[取得して検証]ボタンをクリックします。

0503_03

(下図参照)結果に問題がないことが確認されました。

0503_04

あとは検索結果に反映されるかを待つのみとなります。


SEO対策 名古屋はAPOLLO11にお問合せ