WHAT

sample01

(A)SEO対策:検索結果でサイトが上位に表示させる技術

sample02

(B)コンバージョン率の改善提案:サイトにおけるユーザーの利用動向を分析

Webマーケティング事業を行っています。「マーケティング」という言葉にはいくつかの定義がありますが、平たく言うとサービスや物が売れる仕組みを作ることです。

(01)ターゲットを決めて(02)どうアプローチするかを定めます。

私達はアプローチ方法に「検索エンジン」と「ホームページ」を活用し、ターゲット選定を「検索キーワード」を通じて行います。

(A)ホームページにたくさんの人に来てもらう

(B)来た人がより購入・申し込みに至りやすいサイト作りを行う

これらの技術を顧客に提供している会社です。

(A)の為に「SEO対策」という、検索エンジンでサイトが上位に表示される為の技術やノウハウを提供し(B)の為にサイトのヒートマップ分析や、ユーザーのサイト上の動きの分析をし、コンバージョン率の改善提案を行います。

また、これらのノウハウを活用した自社メディアの運営を行っています。

※例:引越しMore(http://more-hikkoshi.com)

現在は独自のWebマーケティングツールの開発も進めており、自社のWebマーケティングのノウハウをベースに事業展開を行っている会社です

WHY

会社を創業した時は、ビジネスであるとか、資本主義の基本的なことすらわかっていませんでした。「やる気とアイディアだけで何とかなる」と思っていたのです。実際その2点だけで色々なことにトライをしました。フリーペーパーをやり、幼稚園の口コミサイトをやり、商材を見つけては販売代理店の様なことを試みました。そして気づくと手元に残ったのは、借金と打ち砕かれた「自分は出来る」という思いでした。

「社会を変えたい!人を驚かせるサービスが作りたい!人の役に立ち続ける会社を作りたい!」

思いがあって起業したはずなのに、フタを空けると、「金がない」が口癖で、世の中から消えても誰も困らない様な存在になっていたのです。

非常に惨めでした。

しかし、その中でも気づいたことがいくつかありました。

・資本主義社会では資本はとても重要で、集めた資本をいかに最適に投資するかが経営者の腕の見せ所であること

・売上が積み上がっていくストック型のビジネスモデルがないと、安定性がなくきついこと

・多くの企業が新規事業や既存事業の集客部分についてストック化を試みているが中々上手くいかないこと

などです。ストック型のビジネスモデル作りにおいて重要なのが、継続的に集客が出来ることです。

その為に、検索エンジンでの上位表示を実現するSEOの技術やホームページのCV率を高める技術は親和性が高いと考えました。

ストック型のビジネスモデルや集客資産が出来ると、会社は「食う」ことが出来、新しいチャレンジをすることも出来るようになります。多くの企業が安定的な集客により、安心して新しいチャレンジをする環境作りをお手伝いすることは、創業期に同じ悩みで苦しんだ我々だからこそ一緒に解決出来ることだと思っています。

また、自社の成長戦略においても、新しいサービスを生み出す際に、Webマーケティングの力があることは非常に助けになってくれます。

HOW

現在は社内6名程度、社外3名程度のチームで社内はエンジニアと編集者、社外はデザイナーという構成です。我々のビジネスは以下の5つのサイクルで運営されています。

01_Webマーケティングのノウハウ構築(リサーチ・検証)

02_ノウハウの社内共有・教育

03_顧客へのサービス提供(ツール提供やコンサルティング・サイトプロデュース)

04_新たなノウハウ獲得やツール開発(リサーチと自社サイトでの検証)

05_02に戻る

「教える人が多い会社は成長する」をモットーに社内の教育には力を入れています。

またWebの情報ソースは英語圏にある事が多いので、英語スピーカーが多く、新卒採用者なども会社として積極的に海外短期留学に送り出しています。