1. >
  2. >
  3. >

何故SEO対策においてリンクが重要なのか? 何故サイトやページはインデックスされているべきなのか?


0316_02

リンクの世界

インターネットの広告やSEO対策の話になると、「リンク」という言葉を耳にすることがあると思います。検索の世界はリンクの世界と言い換えることが出来ます。SEOを理解する上で「リンク」は非常に重要なコンセプトです。では、それらを理解する為にインターネット検索の仕組みに触れていきましょう。下記に重要な事実を記しておきます。

Googleは瞬時に検索結果を表示しているが、瞬時に世界中のサイトを検索しているわけではない。

クローラーと呼ばれるGoogleのロボットが、日夜リンクからリンクを、サーバーからサーバーを辿り、世界中のWebサイトやその中身のページをインデックスしているのです。つまり検索した時に返ってくる結果は、予めクローラーにインデックスされたページのみということになります。

検索の仕組みを例えると、図書館であいうえお順に本が整理されていて、司書さんに頼むと、すぐに本を探して見つけてくれる仕組みに似ています。もしがこっそり「APOLLO BOOK」という本を図書館に隠して、司書さんに「APOLLO BOOKを探してください」とお願いしても、司書さんは見つけることができません。それは、図書館のデータベースには「APOLLO BOOK」がインデックスされていない為です。

0316_01

さて、司書さんが本棚を整理していると、ふと変な本が見つかります「APOLLO BOOK」という本です。 これはGoogleのクローラーが新しいサイトやページを発見することと同じことです。司書さんは歩きまわってやってきます。

ロボットはどこからやってくるのでしょうか?

それはリンクを辿ってやってきます。検索の世界でリンクが重視されているのは、リンクこそがクローラー=ロボットの唯一の道路だからです。

サイトマップの送信

ロボットはリンクを辿ってやってきますが、世界中のどのサイトからもリンクされていないページやサイトはどうすべきなのでしょうか?

そこで「サイトマップの送信」を行います。ここで言うサイトマップとはユーザー向けのものではなく、検索ロボット向けのものです。[sitemap.xml]などの名前で作らることの多い「サイトにどんなページがあるかを示す」ファイルです。これを制作して、Search Consoleを通じてGoogleのクローラーに送信します。

ジェネレーターでのサイトマップ作成・Word Pressのサイトマップの送信

さて、具体的にサイトマップの作成を行いましょう。下図の様なサイトマップ生成ジェネレーターが検索するとたくさん出てきますので活用すると良いでしょう。

0306_02
http://www.sitemapxml.jp/

作成出来たサイトマップをドメインの直下の階層におきます。
http://abc.com というサイトなら、
http://abc.com/sitemap.xml この箇所に設置します。そして下図の様に、 Search Console からサイトマップ送信を行います。 これで完了です。

0306_01

Google XML Sitemaps v3 for qTranslate のオススメ設定・使い方

当社ではこのWordPressプラグインを使う時に最低限3つのことに気をつけています。

カテゴリーページをサイトマップに含めること

0306_03

別の記事で触れますが「カテゴリーページ」はSEOを考える上でとても重要な要素です。カテゴリーページを上手く運用出来れば強力な集客ページになりますし、そうでなければ、ただ個々の記事の抜粋文が寄せ集まっただけの価値の低いページとなってしまいます。

その為このプラグインを使う際は、“カテゴリーページを含める”に必ずチェックを入れるようにしています。

投稿の優先順位を自動的に計算しない

0306_05

これは、大した話ではないのですが、コメント欄を運用しないタイプのサイトの場合は、上図の様にチェックを入れるようにしています(デフォルトはコメント数にチェックが入っている)

設定が終わった後に最初のサイトマップ作成と送信を行う

0306_06

このプラグインが便利なのは、投稿や固定ページの追加都度、設定通りにサイトマップを作成し直して送信してくれる点にあります。注意が必要なのは最初に上手の赤枠にある「こちらをクリック」を選択して最初のサイトマップ作成と送信を行う必要があります。

サイトマップがきちんと送信されたかどうかは、上記: Search Console からサイトマップ送信と同じ手順を行い問題がないか確認します。問題がなければサイトマップの送信が成功しています。

それでもインデックスされない時のFetch as Google

サイトを運営しているとどうしてもすぐにインデックスして欲しい時があります。もしくは作成したコンテンツが全くインデックスされない時もあります。そんな時はSearch ConsoleからFetch as Googleを行ってください。通常のサイトマップ送信よりも強力で、Fetchした後、わずか数十秒でインデックスされるケースもあります(但し月間500回の制限があり、作成したコンテンツのクオリティが低い場合などはインデックスされないこともあります)

特定のページがインデックスされているかどうか確認する方法

そもそも、当該コンテンツがインデックスされているかどうかの確認をする方法を説明します。下図の様にサイト内検索を行います。

 0306_10 

site:[サイト名] [検索ワード]

この様な検索方法を行うと[サイト名]のドメインの中にあるコンテンツ・ページの検索ができます。上記図では、apollo11.co.jpのサイト内検索で社長の吉丸の名前を検索していますので、検索結果が表示され、「代表 吉丸彰のブログ〜」というタイトルのページが1番目に表示されています。もしこのページがインデックスされていない場合は、検索結果として表示されません

当然ですが「山田」と検索しても何も出てきません。

0306_09

Fetch as Googleの使い方と効果の実例

ではFetch as Googleが実際どの程度強力なのか実験してみましょう。

 

ブログの作成と検索結果として表示されないことを確認

   0306_11  

SEO記事用テスト。山田さんとお会いしました。」というタイトルの記事です。

0306_12  

管理画面側。パーマリンクはsampleyamada/ と設定しています。
http://apollo11.co.jp/sampleyamada とURLを直打ちすればアクセス出来る記事です。

0306_12_02

ページ作成1分後、サイト内検索で「SEO記事用テスト。山田さんとお会いしました。」と検索してもヒットしません。これはページがまだインデックスされていないからです。

 

Fetch as Googleを開始

0306_13

Search Consoleのクロール→Fetch as Google にアクセスします。上図の様にどのページをインデックスさせたいのか選択をします。この場合、sampleyamada/ のページをインデックスさせたいのでフォームに入力をして、[取得]をクリックします。

0306_14

ステータスの箇所に[完了]フラグが立っているので、ページの存在は認識されました。次は赤枠の[インデックスに送信]をクリックします。

0306_15

そうすると上図の送信方法の選択が表示されます。

  • [私はロボットではありません] にチェック
  • [このURLのみをクロールする] を選択

上記対応をして、[送信]をクリックします。

 

0306_17

凡そ1分後には、サイト内検索結果としてページが表示されました。

0306_16

一般の検索でも同じ様に検索結果として表示されています。

つまりFetch as Googleをしたことにより、ページが素早くインデックスされました

総まとめ


SEO対策 名古屋はAPOLLO11にお問合せ