1. >
  2. >
  3. >

マルチエントランス戦略


マルチエントランス戦略とは

 

APOLLO11はマーケティングに関して「マルチエントランス戦略」を採用しており、顧客にもご提案します。

同じ商品やサービスであっても、お客様が購入する理由はニーズは別になります。

それぞれのニーズごとにページを作る戦略を指します。

マス戦略やニッチ戦略との違い

  • マス戦略・・・100の市場全員にリーチ。7割の人に適度に刺さるキャッチコピーを大量に広告
  • ニッチ戦略・・・100の市場の中で1だけにリーチ。10割の人に強く刺さるキャッチコピーで勝負
  • マルチエントランス戦略・・・100の市場全員にリーチ。ニッチ戦略を100通りやる

中小企業が大企業と戦う時、基本的にはニッチ戦略を取ります。しかしニッチ戦略ではスケールすることが不可能です。その為マルチエントランス戦略が成長したい企業、これから大企業になる会社にとって重要なのです。

マルチエントランス戦略の実行パッケージ

マルチエントランス戦略は普通の広告会社やHP制作会社は嫌がります。

なぜなら手間だからです。

初期制作の手間も大きいのですが、運用の難易度も高い手法となります。

APOLLO11はマルチエントランス戦略の実行を標準化したパッケージ「TAIGUN」というサービスを展開しています。